亜克製薬概要

国際的な最先端の医療技術を集中,すべては健康のため

亜克製薬は海南アジア製薬グループに属し、杭州国家ハイテク産業開発区に位置しています。登録資本金は1億元で、敷地面積は約73337平方メートルです。科学研究、生産と販売の総合的な製薬企業です。GMP認証を取得した固形製剤と健康製品の生産工場、現代的な大規模の生物学医薬品の研究開発センター、多くの新薬の研究開発の技術プラットフォーム、強大なエリートチーム、多項目の技術研究開発及び生産特許を有する亜克製薬は、ずっと革新的な研究に努めています。製品を企業発展の中核とし、品質と安全性を製品の中核とします。亜克製薬はずっと安全性と有効性をトップに置き、厳格的に製品の生産品質規準を遵守し、つ、「原料-加工-審査-パッケージング」一連の品質確認を実施し確保します。

社長挨拶

国際的な最先端の医療技術を集中,すべては健康のため

2000年の初期、私は会社紹介の序文を書きましたが、その後に「挨拶」に使用し続けてきました。現在、十数年間を経って、この序文をホームページに引続き使うと余りにも古いです。世界の変化が大きすぎるため、製薬業界は「転覆される」のような変化に直面する可能性があります。、少なくとも内容と外観が徹底的に転覆されます。

人間本位、人間の健康と幸福を大事にするため、地球気候の保護、環境生態システムのバランス、生命科学の発展(遺伝子検査、修理等を含みます)、人間の健康と長寿、美しい調和の実現は、人種、宗教を問わず、団結一致で実施する一番大事なことです。 過去は治療を当社医薬事業の目標としましたが、今は優生学教育、病気の予防、健康管理、生態システムの調和を含む人間の健康を目標としました。

この目標は当社の4 S企業の主旨「良い薬を供給し、社会にサービスを提供する」、および3S企業の精神「誠実、勤労、勉強」と共通するが、方向はもっと明確に、ビジョンももっと広くなります。今の状況に基づき、我々は古い観念を取り除き、新たな出発点からスタートし時代の趨勢に追いつくよう努力します

ASIA SCI-TECH CENTER(亜科センター)

亜克製薬は海南アジア製薬グループに属し、杭州国家ハイテク産業開発区に位置しています。登録資本金は1億元で、敷地面積は約73337平方メートルです。

亜科センターは亜克製薬株式会社に投資され、杭州(国家)ハイテク産業開発区管理委員会に承認された世界最高水準のグリーン建物です。2015年6月、中国に駐在するスイス大使の戴尚賢氏、スイス商会代表司徒?ハフ氏、スイス環境科学技術振興機構代表マルコ? ライナー氏、チューリッヒスイス連邦工科大学、建築物理学首席教授、エンジニアリング科学院のアカデミー ブルーノ?ケラー氏、中国建築設計院のチーフエンジニア葉耀氏、浙江省グリーンビルディング?建築省エネ業界協会会長段蘇朋氏など中国とスイスの貴賓達は亜科センターが開催した「中国?スイスグリーン建築技術提携の杭州報告会」に出席しました。

構成

国際的な最先端の医療技術を集中,すべては健康のため

名誉

国際的な最先端の医療技術を集中,すべては健康のため

歴史

国際的な最先端の医療技術を集中,すべては健康のため

1962

楼金会長は迪耳製薬工場を設立しました

1992

主力製品「快克カプセル」は市場に打出しました

1994

浙江省金華に買収合併により浙江亜峰製薬有限公司を設立しました

1998

中外合資の浙江亜克製薬有限公司は杭州で設立されました

2002

海南快克製薬有限公司は設立されました

2003

杭州に「杭州生物医薬科学技術創業園有限公司」を設立しました

2003

浙江省現代薬用植物有限公司は設立されました

2004

杭州革新漢方薬標準化研究所は設立されました

2008

杭州科学技術創業園基地が定礎式を行い着工しました。

TEL:(+86)400-88-54321FAX:(+86)0571-8669729

浙江省公安部に承認される:33010840000182

香港正版刘佰温四不像